子供の頃のわきが体験

腋毛をシャンプーで洗っていたら臭いが消えた

何とかしなくちゃと本気で思い始めたのは、中学時代から何となくつき合っていた彼女に女性を感じ始めたときです。
嫌な臭いを気づかれたくないという気持ちが強くなったのです。
どういうことから始めたのかは覚えていないのですが、頭髪を洗うシャンプーで脇の下の毛を洗えば何とかなるのではないかというアイディアが生まれました。
頭髪をシャンプーしたとき、泡が沢山出来ますが、それをお湯などで流す前に、脇の下の持って行き、ブラシで洗ってあげるという作業です。
これが功を奏しました。
何となくいい感じになってきたので毎日続けたのです。
そうすると毛に付着していた皮膚のようなものがだんだんと薄くなり、毛が黒々としてきたのが実感できました。
これなら行けるということで、継続は力なりという格言を思いだして、ルーチン化したところ、完全にわきがから脱出できたのです。
臭いは全くしなくなりましたし、脇の下の毛はそれまで貧相な感じでしたので、夏の海水浴などのときには、友達に見えないように余計な気遣いをしていたのですが、それもなくなりました。
彼女とのデートも楽しくてしょうがないということで、とってもハッピーになりました。

さっき先輩から聞いたんだけど、シャンプーブラシで脇洗うと、腋臭でも臭くならないんだってw
ほんとかよw😅

— Meteor@ゲーム好き遊撃士 (@strongest26) 2017年7月4日

高校になり母と自分のわきがに気づく腋毛をシャンプーで洗っていたら臭いが消えたシャンプーは水虫にも効果があった